2017.9.16 09:47

松山、14打差の47位 リーシュマンは首位守る/米男子

松山、14打差の47位 リーシュマンは首位守る/米男子

特集:
松山英樹
第2ラウンド、18番でラフから第2打を放つ松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)

第2ラウンド、18番でラフから第2打を放つ松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は15日、イリノイ州レークフォレストのコンウェーファームズGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、56位で出た松山英樹は5バーディー、2ボギーの68をマークし、通算2アンダーの140で47位とした。トップとは14打差。

 マーク・リーシュマン(オーストラリア)が64で回り、通算16アンダーで首位を守った。ジェーソン・デー(オーストラリア)とリッキー・ファウラー(米国)が3打差の2位で並んだ。(共同)

松山英樹の話「このコースで周りを見れば、3アンダーはたいしたことはない。むしろ悪い方。あした、またビッグスコアを出せるように準備したい」

リーダーボードへ

  • 第2ラウンド、9番でバーディーを決め、声援に応える松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、14打差の47位 リーシュマンは首位守る/米男子