2017.9.16 01:12

藍「チップインバーディーで気持ちよくスタートできた」/米女子

藍「チップインバーディーで気持ちよくスタートできた」/米女子

特集:
宮里藍
第1ラウンド、3アンダーでホールアウトし、キャディーと握手する宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)

第1ラウンド、3アンダーでホールアウトし、キャディーと握手する宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー最終戦、エビアン選手権は15日、フランス南東部エビアンのエビアン・リゾートGC(パー71)で第1ラウンドが行われ、現役最後の試合となる宮里藍は5バーディー、2ボギーの68と好発進した。上原彩子も7バーディー、4ボギーの68で回った。

 野村敏京は5バーディー、3ボギーの69。全米女子オープン選手権優勝の朴城ヒュン(韓国)が63をマークした。 大会は14日に宮里藍ら一部の選手がスタートしたが、悪天候のため打ち切られて成績は取り消された。15、16日の予選ラウンドと17日の決勝ラウンドの計54ホールで争われる。(共同)

宮里藍の話「(出だしの10番で)チップインのバーディーで気持ちよくスタートできた。このコースはいろんな難しさがあるので、油断はできなかった。よくスコアをまとめられた。全体として、すごく良かった」

上原彩子の話「3番でチップインバーディーが取れて、流れが良い方にいってくれた。パットはイメージ通り。前日のスコアがキャンセルされて私はラッキーだった。いい位置につけたので、この運を生かして2日目も伸ばしたい」

野村敏京の話「17番はいいアプローチでパーセーブできた。ショートゲームは良いのに、アイアンショットがなかなかうまくいかない。それを考えると2アンダーはすごくいいスコアだった」

リーダーボードへ

  • 5バーディー、2ボギーの68と好発進した宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 18番で第2打を放つ宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 第1ラウンド、12番でパーパットを決め、ガッツポーズする宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でチップインバーディーを奪う宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でバーディーを奪い、声援に応える宮里藍=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 現役最後の大会となるエビアン選手権の第1ラウンド、13番で第2打を放つ宮里藍=15日、エビアン・リゾートGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 藍「チップインバーディーで気持ちよくスタートできた」/米女子