2017.9.14 18:20

48歳手嶋が65で首位発進 勇太、優作は18位/国内男子

48歳手嶋が65で首位発進 勇太、優作は18位/国内男子

初日トップの手嶋多一=北海道・札幌GC輪厚C(撮影・高橋朋彦)

初日トップの手嶋多一=北海道・札幌GC輪厚C(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 ANAオープン第1日(14日、北海道・札幌GC輪厚=7063ヤード、パー72)48歳でツアー8勝の手嶋多一が8バーディー、1ボギーで65をマークして首位発進した。今平周吾が2打差の2位。

 24歳で未勝利の竹安俊也のほか谷原秀人、時松隆光、鍋谷太一ら6人が68で3位に並んだ。小平智は69で9位、池田勇太と宮里優作は70で18位につけた。前週優勝の片山晋呉は出場していない。(賞金総額1億1000万円、優勝2200万円、出場120選手=アマ2、曇り、気温20・5度、南東の風2・1メートル、観衆1865人)

今平周吾(5バーディー、ボギーなしで2位)「調子はベストではないが、スコアをつくれる感じ。このコースはイメージがいい」

谷原秀人(首位に3打差の3位にも)「ショットにいいところがなくて、納得のゴルフができていない。ラウンド中、修正ができなかった」

鍋谷太一(68で回り)「今年のツアーで一番のプレーだった。2日目以降、アプローチの距離感を合わせてもう少しいいゴルフをしたい」

リーダーボードへ

  • 初日トップの手嶋多一=北海道・札幌GC輪厚C(撮影・高橋朋彦)
  • 初日、18位タイだった宮里優作=北海道・札幌GC輪厚C(撮影・高橋朋彦)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 48歳手嶋が65で首位発進 勇太、優作は18位/国内男子