2017.9.13 14:35

【戸張捷氏が語る藍の凄さ(上)】藍の「聞く力」の凄さ 女王ソレンスタムから聞き出した米ツアー成功の秘訣

【戸張捷氏が語る藍の凄さ(上)】

藍の「聞く力」の凄さ 女王ソレンスタムから聞き出した米ツアー成功の秘訣

特集:
宮里藍
エビアン選手権の公式会見に臨んだ宮里は、藍スマイルで悲願のメジャー初制覇を誓った(共同)

エビアン選手権の公式会見に臨んだ宮里は、藍スマイルで悲願のメジャー初制覇を誓った(共同)【拡大】

 ゴルフキャスターの戸張捷氏(71)が、アマチュア時代から見守ってきた宮里がトップ選手として成長した原動力である“聞く力”の凄さを2回に渡って振り返る。

 宮里は多くの人たちの言葉に耳を傾け、プロゴルファーとしての強さや試合の結果に結びつけてきた。私はそんな真摯な姿を覚えている。

 ツアー本格参戦となった2004年の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」でプロ初優勝した宮里は、05年には日米両ツアー共催の「ミズノクラシック」に出場。その開催前に千葉・太平洋C成田Cで行われたテレビマッチで、当時の世界ナンバーワンで女子メジャー10勝を含む米ツアー通算72勝を挙げた、アニカ・ソレンスタム(46)=スウェーデン=と競演した。

 すでに宮里は米ツアー最終予選会(QT)に出場すると表明していたが、テレビマッチで司会を務めた私は「米ツアーで活躍するために必要なことを(ソレンスタムに)質問してもらえませんか」と頼まれたのだ。

 ソレンスタムは宮里が最終QTに挑戦することに「昨年よりスイングが同じリズムになっている。飛距離が出るようになったから大丈夫」と太鼓判。そして米ツアーで活躍するためのポイントとして「食事」「英語」「移動」を挙げた。

 「食事」に関しては、米国は高カロリーな食べ物が多いためバランスのいい食事をとることを勧めた。「英語」は米国で戦うために必要とし、自身が英語を習得するため米アリゾナ大で学んだことを明かすと、学校に行く時間がない宮里に「大変だけど頑張って」と激励。「移動」は米国内に時差があるため、日本とは比べものにならない厳しさがあるとして、覚悟を求めた。

 宮里はペンで私が訳したソレンスタムの言葉をゴルフグローブに書き「偉大な選手の大切な言葉ですから」とキャディーバッグに忍ばせた。そして“聞く力”でレジェンドから引き出したアドバイスを生かし、米ツアーで飛躍した。 (ゴルフキャスター)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 【戸張捷氏が語る藍の凄さ(上)】藍の「聞く力」の凄さ 女王ソレンスタムから聞き出した米ツアー成功の秘訣