2017.9.13 05:00

【藍の軌跡(2)】地元・沖縄でプロ初V

【藍の軌跡(2)】

地元・沖縄でプロ初V

特集:
宮里藍
2004年「ダイキンオーキッドレディス」でプロ初優勝し、カップを掲げる宮里藍

2004年「ダイキンオーキッドレディス」でプロ初優勝し、カップを掲げる宮里藍【拡大】

 宮里藍(32)=サントリー=が14日に開幕する米女子ゴルフのメジャー最終戦「エビアン選手権」(仏エビアン・リゾートGC)で現役を引退する。日米で愛された宮里の激闘の歴史を連載で振り返る。

 2004年3月5~7日に沖縄・琉球GC(6338ヤード、パー72)で行われたツアー開幕戦。最終日に3打差の首位から出ると、4バーディー、2ボギーの70で回り通算10アンダーで優勝。前年10月のプロ転向後、初の栄冠となった。

 緊張から朝食がのどを通らず、スタート前にはバナナを1本食べただけ。キャディーを務めた兄・優作に「緊張してるよ」と打ち明けると「俺は全然だよ」。飄々とした兄の存在が不安を吹き飛ばした。

 地元・沖縄で最高のスタートを切ったこの年は5勝を挙げ、賞金ランクは2位だった。

  • 宮里藍・今季成績
  • 宮里藍・女子メジャー全成績
  • エビアン選手権・第1日の主な組合わせ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 【藍の軌跡(2)】地元・沖縄でプロ初V