2017.9.9 10:43

さくら、来季シード確保ならず…最終予選会へ課題はパット/米女子

さくら、来季シード確保ならず…最終予選会へ課題はパット/米女子

特集:
横峯さくら
第2ラウンド、ホールアウトした横峯さくら。通算1オーバーで予選落ち=ブリックヤードクロッシングGC(共同)

第2ラウンド、ホールアウトした横峯さくら。通算1オーバーで予選落ち=ブリックヤードクロッシングGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのインディ女子インテック選手権は8日、インディアナ州インディアナポリスのブリックヤードクロッシングGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、74の横峯さくらは1オーバーで予選落ちした。

 横峯は1番で池に入れてダブルボギーをたたくと、中盤のチャンスも生かせなかった。最初のバーディーは終盤の17番。「すごく残念な結果になってしまった」と嘆いた。賞金ランキングを大会前の132位から上げられず、来季シードを確保できなかった。宮里美も同様の立場で、出場枠が限定される9月下旬以降のアジアシリーズは出場を見込めない。

 横峯は来季出場資格を争う11月下旬からの最終予選会(フロリダ州)を見据え「そこをしっかりクリアして、シードを取れるよう頑張ります」と気合を入れる。課題は特にパットと自覚しており「パッティングが入れば大丈夫だと思う。今はコーチに習っていることをやるだけ」と語った。(共同)

リーダーボードへ

  • 第2ラウンド、通算1オーバーで予選落ちの横峯さくら=ブリックヤードクロッシングGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. さくら、来季シード確保ならず…最終予選会へ課題はパット/米女子