2017.9.9 17:15

片山とH・W・リューが決勝へ 5、7位決定戦では今平、塚田が勝利/国内男子

片山とH・W・リューが決勝へ 5、7位決定戦では今平、塚田が勝利/国内男子

 ISPSハンダマッチプレー選手権第6日(9日、千葉・浜野GC=7217ヤード、パー72)準決勝が行われ、44歳の片山晋呉と、H・W・リュー(韓国)が10日の決勝に進んだ。片山は趙炳旻(韓国)を21ホール目で下し、H・W・リューは高山忠洋を20ホール目で退けた。

 5、7位決定戦では今平周吾がマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)に4アンド3、塚田陽亮は池田勇太に2アンド1で勝った。(出場8選手、晴れ、気温27・5度、西南西の風2・4メートル、観衆703人)

塚田陽亮(5、7位決定戦で池田との同学年対決に勝ち)「小学時代から同じ土俵で戦ってきた仲良しで、ライバル。いつも背中を追いかけてきたけど、少し差が縮まったかな」

H・W・リュー(決勝進出)「3回戦あたりから負けそうな気がしていたが、ここまで勝ち進めた。決勝は相手ではなく、自分のスコアだけを考えてプレーしたい」

趙炳旻(準決勝で片山に屈す)「自分なりにいいプレーをしたつもりだが、片山さんが良すぎた」

リーダーボードへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 片山とH・W・リューが決勝へ 5、7位決定戦では今平、塚田が勝利/国内男子