2017.8.13 16:16

J・スピースが松山に賛辞「ヒデキに勝つのは難しい」

J・スピースが松山に賛辞「ヒデキに勝つのは難しい」

 全米プロ選手権第3日(12日、米ノースカロライナ州・クウェイルホロー・クラブ=7600ヤード、パー71)第2ラウンド(R)の残りが行われ、第3Rがスタート。首位から出た世界ランキング3位の松山英樹(25)=LEXUS=は1バーディー、3ボギーの73で回り、通算6アンダー。首位に1打差の2位に後退した。単独首位は同7アンダーとしたケビン・キズナー(33)=米国。同6アンダーのクリス・ストラウド(35)=米国=が松山と並ぶ2位につけた。

 今大会苦戦を強いられているJ・スピースは松山について「好調のヒデキはミスをしてもバーディを奪うことができている。波に乗ると止められない。彼に勝つのは難しいだろう」と賛辞を送った。また松山が日本初のメジャー制覇を期待されていることについて「米国人の僕が語るのは難しいが、そういう期待がヒデキによりプレッシャーを与えるだろう」とコメントした。

今、あなたにオススメ
Recommended by