2017.8.12 23:06

松山、第2R終えて首位、勇太は予選落ち/全米プロ

松山、第2R終えて首位、勇太は予選落ち/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
第2ラウンド、ホールアウトし、同組のアーニー・エルス(右)と握手する松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)

第2ラウンド、ホールアウトし、同組のアーニー・エルス(右)と握手する松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)【拡大】

 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で前日から順延された第2ラウンドの残りが行われ、11日に64をマークした松山英樹がケビン・キズナー(米国)と並んで通算8アンダーの134で首位に立った。

 2打差の3位に2015年大会覇者のジェーソン・デー(オーストラリア)とクリス・ストラウド(米国)が続いた。

 谷原秀人は通算4オーバーの60位、小平智は5オーバーの70位で決勝ラウンドに進出。池田勇太は9オーバーの106位で予選落ちした。

 引き続き第3ラウンドを実施した。

リーダーボードへ

  • 第2ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹。通算8アンダーでホールアウト=クウェイルホロー・クラブ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、第2R終えて首位、勇太は予選落ち/全米プロ