2017.8.12 05:00

【冨永浩】松山、5番のボギーでスイッチ入った/全米プロ

【冨永浩】

松山、5番のボギーでスイッチ入った/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
松山英樹
第1ラウンド、8番でバーディーパットを決め、声援に応える松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)

第1ラウンド、8番でバーディーパットを決め、声援に応える松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)【拡大】

 全米プロ選手権第1日(10日=日本時間11日、米ノースカロライナ州・クウェイルホロー・クラブ=7600ヤード、パー71)松山は首位に3打差といい位置で初日を終えた。本人は納得していないと思うが、1アンダーは上出来だ。

 後半の4番でティーショットを打った後、松山の組がスロープレーで競技委員から注意を受けた。松山はスムーズなプレーで問題なかったが、同組のエルスとポールターのショットが暴れていたため、前の組との間隔があいてしまった。松山はその4番で3パット。続く5番ではお先のパットを外した。注意を受けた影響で、集中力を欠いたのかもしれない。

 上がり3ホールはさすがだった。ズルズルといきそうなところで、気持ちを入れ替えた。それが世界のトップ選手。5番のボギーで2オーバーにしたので、スコアを戻してやろうというスイッチが入ったのだろう。

 第1日は天気がよく、グリーンが硬くなった。パットでスコアを落としたが、ショットは悪くない。今後の天候次第だが、さらにグリーンが硬くなれば松山にとってプラス材料になる。(プロゴルファー、フジテレビラウンドリポーター)

リーダーボードへ

  • 第1ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
  • 第1ラウンド、9番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
  • 第1ラウンド、11番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(ロイター)
  • 第1ラウンド、15番グリーンを歩く松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(ゲッティ=共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 【冨永浩】松山、5番のボギーでスイッチ入った/全米プロ