2017.8.10 05:00

田村ら4人首位、パット手応え「迷いなかった」/国内シニア

田村ら4人首位、パット手応え「迷いなかった」/国内シニア

 男子シニアゴルフエリートグリップシニアオープン第1日(9日、兵庫県鳴尾GC=6542ヤード、パー70)シニアツアー1勝の田村尚之(53)=ダイクレ=が4バーディー、1ボギーの3アンダー67で回り、プラヤド・マークセン(51)=タイ=ら3人と首位に並んだ。1打差の5位には杉原敏一(53)=ヒグチ歯科グループ=ら3人がつけた。ホストプロの水巻善典(58)=鳴尾GC=は3オーバーの29位。

 パットに手応えをつかんだ田村が、3アンダーで今季初のトップに立った。今季は平均パットが1・7772でランク27位と低迷していたが、6番(パー4)で2メートルを決めると9番(パー4)でも2・5メートルのバーディーパットを沈めた。「きょうは迷いがなかった。(最終日は)パットで流れを止めないようにしたい」と復調気配に満面の笑みだった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 田村ら4人首位、パット手応え「迷いなかった」/国内シニア