2017.8.7 08:25

「ほぼ完璧」 笑み止まらない川岸、父・良兼と“競争”しメジャーで躍動/米女子

「ほぼ完璧」 笑み止まらない川岸、父・良兼と“競争”しメジャーで躍動/米女子

最終ラウンド、通算7アンダーで23位の川岸史果=キングズバーンズ・リンクス(共同)

最終ラウンド、通算7アンダーで23位の川岸史果=キングズバーンズ・リンクス(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第4戦、全英リコー女子オープンは6日、英国北東部セントアンドルーズのキングズバーンズ・リンクス(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位スタートで29歳の金寅敬(韓国)が2バーディー、1ボギーの71で回り、通算18アンダーの270でメジャー初優勝を果たした。66をマークした川岸史果が7アンダーの23位となった。

 飛距離を生かして果敢に攻めた川岸は前半二つのパー5で、いずれも2オンに成功した。8番は残り244ヤードを3番ウッドで1・5メートルにつけるイーグル。「あれで勢いに乗った」と後半も二つバーディーを奪った。

 最終日に伸ばすことを課題にしている。メジャー2戦目にして初の決勝ラウンドで、66をマークして23位。「ほぼ完璧だった。60台を出せてうれしい」と笑みが止まらなかった。

 同じ6日、日本では男子ツアー6勝の父、良兼がシニアツアーで67を出して4位になった。「(シニアの)父とどちらが先に勝つか、競争している」そうで、この日は22歳の娘が1打上回った。メジャーの大舞台で躍動し「日本で優勝をつかみたい」と目を輝かせた。(共同)

  • 最終ラウンド、18番でパットを放つ鈴木愛。通算9アンダーで14位=キングズバーンズ・リンクス(共同)
  • 最終ラウンド、通算9アンダーで14位の鈴木愛=キングズバーンズ・リンクス(共同)
  • 優勝した金寅敬=キングズバーンズ・リンクス(共同)
  • 笑顔で優勝トロフィーを掲げる金寅敬=キングズバーンズ・リンクス(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 「ほぼ完璧」 笑み止まらない川岸、父・良兼と“競争”しメジャーで躍動/米女子