2017.8.2 05:03(1/3ページ)

異例の火曜1回戦!優作、14年ぶり白熱マッチプレー制す/国内男子

異例の火曜1回戦!優作、14年ぶり白熱マッチプレー制す/国内男子

宮里優は第1打の飛距離を抑え第2打以降で勝負した (撮影・蔵賢斗)

宮里優は第1打の飛距離を抑え第2打以降で勝負した (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 ISPSハンダマッチプレー選手権第1日(1日、千葉・浜野GC=72717ヤード、パー72)日本ツアー14年ぶりのマッチプレー形式の大会。降雨などのためサスペンデッドとなり、24組が競技を終えられなかった。今季賞金ランキング2位の宮里優作(37)=フリー=が、プロ2年目の松原大輔(22)=フリー=を3アンド2で下し2回戦に進出。2日に1回戦の残りと2回戦を行い、3回戦から決勝までは9月6日から千葉・浜野GCで実施する。

【続きを読む】

  • 宮里優(左)は巧みな駆け引きで松原に重圧を与え、2回戦に進出した
  • 第1日、1番でティーショットを放つ宮里優作。1回戦を突破した=浜野GC
  • 第1日、1番でティーショットを放つ宮里優作。1回戦を突破した=浜野GC
  • 第1日、1番でティーショットを放つ藤田寛之。1回戦を突破した=浜野GC
  • 第1日、1番でティーショットの行方を見つめる藤田寛之。1回戦を突破した=浜野GC
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 異例の火曜1回戦!優作、14年ぶり白熱マッチプレー制す/国内男子