2017.7.17 14:35

敏京、後半に乱れる「パットが入ってくれなかった」/米女子

敏京、後半に乱れる「パットが入ってくれなかった」/米女子

最終ラウンド、16番でアプローチショットを放つ野村敏京。通算2オーバーで33位=トランプナショナルGC(共同)

最終ラウンド、16番でアプローチショットを放つ野村敏京。通算2オーバーで33位=トランプナショナルGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子オープン選手権は16日、ニュージャージー州ベッドミンスターのトランプナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、野村敏京は77と乱れ通算2オーバーの33位。

 目標とするメジャータイトルは遠かった。10位から6打差を追った野村は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギー。一つ伸ばして折り返したが、後半にショットが乱れた。

 11、12番で連続ボギーをたたくと、集中力が切れたのか13番ではティーショットがOBとなりダブルボギー。「前半はいいショットが続いたが、パットが入ってくれなかった。入れば流れに乗れていいスコアで上がれたと思う」と残念がった。

 メジャーでは勝負どころで持ち味を発揮できず、優勝争いに加われない。課題について聞かれ「ゴルフ自体は悪くない。最終日はいい流れに乗らないと、変な道に行ってしまう」と悔しい乱調を説明した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、通算2オーバーで33位の野村敏京=トランプナショナルGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 敏京、後半に乱れる「パットが入ってくれなかった」/米女子