2017.7.7 19:08

有村、今季最少の67に「今年一番のラウンド」/国内女子

有村、今季最少の67に「今年一番のラウンド」/国内女子

特集:
有村智恵
第1日、5アンダーで6位の有村智恵=アンビックス函館C

第1日、5アンダーで6位の有村智恵=アンビックス函館C【拡大】

 ニッポンハムレディス第1日(7日、北海道・アンビックス函館C上磯GC=6362ヤード、パー72)40歳でツアー17勝の大山志保が8バーディー、1ボギーの65で首位に立った。1打差の2位は堀琴音、上田桃子、アン・シネとイ・ミニョン(以上韓国)の4人。

 服部真夕、有村智恵、菊地絵理香、柏原明日架が67で6位につけた。前回覇者の葭葉ルミ、アマチュアで19歳の小祝さくらは70で29位となった。(賞金総額1億円、優勝1800万円、出場108選手=アマ5、晴れ、気温25・4度、西南西の風2・8メートル、観衆1433人)

上田桃子(6バーディー、ボギーなし)「ショットが良かった。パットも先週に重点を置いて練習したかいがあった」

服部真夕(2打差6位)「ティーショットがしっかり当たっていた。チャンスをものにできた」

有村智恵(今季最少の67に)「会心ではないが、すごく集中していた。今年一番のラウンド」

柏原明日架(2打差6位)「もったいないミスもあったが、初日としてはいい。優勝に向けてレベルを上げていきたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • お揃いのウェアコースを歩く(左から)香妻琴乃、青木瀬令奈、アマチュアの新垣比菜=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • 第1日、5アンダーで6位の柏原明日架=アンビックス函館C
  • 第1日、5アンダーで6位の服部真夕=アンビックス函館C
  • 第1日、6アンダーで2位の上田桃子=アンビックス函館C
  • 第1日、5アンダーで6位の菊地絵理香=アンビックス函館C
  • ティーショットを放ち、打球の行方を見つめる堀琴音=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ堀琴音=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • 18番ホールバーディーパットを沈め、ガッツポーズする大山志保=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ大山志保=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • 第1日、6アンダーで2位のアン・シネ=アンビックス函館C
  • 8番ホールラインをよむアン・シネ=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
  • 9番ホールアプローチショットを放ち、グリーンへ駆け上がるアン・シネ=北海道・アンビックス函館C上磯GC(撮影・戸加里真司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 有村、今季最少の67に「今年一番のラウンド」/国内女子