2017.7.7 05:03(2/3ページ)

杉本エリック2差4位!ゴルフ界にもカタカナネーム旋風/国内男子

杉本エリック2差4位!ゴルフ界にもカタカナネーム旋風/国内男子

2番でティーショットを放つ宮里優作。7アンダーで2位=ザ・ノースカントリーGC

2番でティーショットを放つ宮里優作。7アンダーで2位=ザ・ノースカントリーGC【拡大】

 ゴルフ界にもカタカナネーム旋風だ!! 名前はエリックでありながら、日本国籍の杉本が4位発進した。16番(パー3)で、初めてボギーをたたいたが、最終18番(パー5)でバーディー。日本ツアー初参戦の第1日を笑顔で終えた。

 「満足。立ち上がりからフェアウエーキープができていたし、チャンスにつけることができた」

 1歳のときに専大ゴルフ部出身で会社員の父・真雄さん(50)の赴任に伴い渡米。5歳で父の手ほどきを受けてクラブを握った。普段は米サンディエゴを拠点に、メキシコやアルゼンチンなどで開催されるPGA下部、ラテンアメリカツアーを主戦場に活動する。同ツアーが1カ月のオープンウイーク(休止期間)だったため、昨年からスポンサーになった日本のメーカーに今大会への参加を直談判。マンデートーナメントを9位で通過して出場を決めた。初の日本ツアーに「PGAツアーに参戦しているような感覚でした」。初舞台で堂々のプレーを見せた。

【続きを読む】

  • 国内ツアー初参戦で4位発進した杉本。流行の?カタカナネームで旋風を巻き起こす
  • 18番、ティーショットを放つ片岡大育。8アンダーで首位=ザ・ノースカントリーGC
  • 1番でティーショットを放つ小田龍一。7アンダーで2位=ザ・ノースカントリーGC
  • 初日、2位タイだった宮里優作=北海道・ザ・ノースカントリーGC(撮影・高橋朋彦)
  • 初日、4位タイだった池田勇太=北海道・ザ・ノースカントリーGC(撮影・高橋朋彦)
  • 初日は2位タイだった小田龍一=北海道・ザ・ノースカントリーGC(撮影・高橋朋彦)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 杉本エリック2差4位!ゴルフ界にもカタカナネーム旋風/国内男子