2017.6.21 20:07

谷原、約1カ月の欧州遠征へ 「日本食を求めていきます」

谷原、約1カ月の欧州遠征へ 「日本食を求めていきます」

ISPSハンダマッチプレー選手権」開催概要発表に出席した写真右から所属契約する谷原秀人、ISPSの半田晴久会長、同契約の藤本佳則

ISPSハンダマッチプレー選手権」開催概要発表に出席した写真右から所属契約する谷原秀人、ISPSの半田晴久会長、同契約の藤本佳則【拡大】

 男子ゴルフの谷原秀人(38)が21日、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で開かれた所属契約を結ぶ国際スポーツ振興協会が主催する「ISPSハンダマッチプレー選手権」(8月1~2日と9月6~10日、千葉・浜野GC)の会見に出席した。

 日本ツアーで14年ぶりにマッチプレーが復活。総勢104人が賞金総額2億1000万円で優勝5000万円の国内ツアー最高賞金を争う。谷原は「みんな優勝を狙っていくでしょう。優勝すれば賞金王にも近づく。試合が楽しみです」とホストVへ意欲を示した。

 今週中にも次戦の欧州ツアー「フランス・オープン」(6月29日~7月2日)に向けて渡仏。そのまま欧州に残り、松山英樹(25)も参戦する「アイルランド・オープン」(6~9日)を経て、メジャー第3戦「全英オープン」(20~23日)に挑む。約1カ月の欧州滞在だが、「(テロは)人が集まるところで起きる。それでも日本食を求めていきます」と自らのスタンスを貫く構えだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 谷原、約1カ月の欧州遠征へ 「日本食を求めていきます」