2017.6.16 18:43

日本男子、米の猛追に屈す 植木「今後につながるいい経験」 ジュニアW杯

日本男子、米の猛追に屈す 植木「今後につながるいい経験」 ジュニアW杯

 ゴルフのトヨタ・ジュニアワールドカップ(W杯)は16日、愛知県中京GC石野で最終ラウンドが行われ、日本は男子が4打差の2位、女子は5打差の2位だった。ともに米国が制した。

 日本は初日2位の男子が最終日に10アンダーを記録した米国の猛追に屈した。4日間を全てアンダーパーで終えた植木は「今後につながるいい経験だった」と前を向いた。

 初日4位に終わった女子は、その後スコアを伸ばして2位。個人成績で全体2位となった西村は「(自身がスコアを落とした)最終日が残念。パッティングの技術を上げていきたい」と課題を口にした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 日本男子、米の猛追に屈す 植木「今後につながるいい経験」 ジュニアW杯