2017.5.15 10:22

勇太「風が難しく攻略できなかった」 伸ばせず悔しさで肩落とす/米男子

勇太「風が難しく攻略できなかった」 伸ばせず悔しさで肩落とす/米男子

最終ラウンド、ホールアウトした池田勇太。通算イーブンパーの22位に終わった=TPCソーグラス(共同)

最終ラウンド、ホールアウトした池田勇太。通算イーブンパーの22位に終わった=TPCソーグラス(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーヤーズ選手権は14日、フロリダ州ポンテベドラビーチのTPCソーグラス(パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は1イーグル、5バーディー、4ボギーの69で回り、74と落とした池田勇太とともに通算イーブンパー、288で22位だった。

 16位から上位を狙った池田は5バーディーを奪ったが、安定感を欠いて後退した。4番でティーショット、第2打をバンカーに入れてダブルボギー。15番では第1打を林に入れて出すだけで、二つ目のダブルボギーをたたいた。「風が難しく攻略できなかった。悔しい」と肩を落とした。

 ただ終盤には見せ場も。パー3の17番は1打目が池の縁の木で跳ねてグリーンに戻る幸運で観衆を沸かせ、18番は残り188ヤードのショットを1メートル強につけてバーディーを奪い歓声を浴びた。「4日間戦えたことはプラスになる。多少はこっちでも戦えるのかなという自信もできた」と笑みものぞかせた。(共同)

リーダーボードへ

  • 最終ラウンド、通算イーブンパーでホールアウトした松山英樹=TPCソーグラス(共同)
  • 最終ラウンド、7番でバンカーショットを放つ松山英樹=TPCソーグラス(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 勇太「風が難しく攻略できなかった」 伸ばせず悔しさで肩落とす/米男子