2017.5.15 05:03(1/3ページ)

優作、選手会長初の2戦連続V!地元・沖縄で宮里家一丸/国内男子

優作、選手会長初の2戦連続V!地元・沖縄で宮里家一丸/国内男子

地元沖縄で初優勝を飾った宮里優(中央)は、家族に囲まれ最高の笑顔をみせた (撮影・林俊志)

地元沖縄で初優勝を飾った宮里優(中央)は、家族に囲まれ最高の笑顔をみせた (撮影・林俊志)【拡大】

 日本プロ日清カップ最終日(14日、沖縄・かねひで喜瀬CC=7217ヤード、パー72)前日から順延された第3ラウンド(R)の残りから行われ、最終Rを2打差の2位から出た地元・沖縄出身の宮里優作(36)=フリー=が8バーディー、2ボギーの66で回り、通算12アンダーで逆転優勝した。5年シードを得られる国内三大大会は初制覇で、選手会長在任中としては史上初の2試合連続V。ツアー通算5勝目を挙げた。首位から出た谷口徹(49)=フリー=は通算8アンダーで3位だった。

 南国の青空に歓喜の指笛が鳴り響く。ウイニングパットを沈めた宮里優は、18番グリーンで沖縄を代表するカチャーシーを踊り、喜びに浸った。

 「沖縄で勝ちたかった。マブヤー(魂)がついているんですかね」

 22ホールの長丁場を制した。前日から持ち越しとなった第3Rの4ホールを消化し、首位の谷口に2打差の2位から最終Rスタート。1、2番の連続バーディーで追いつくと、4番(パー4)で4メートルのバーディーパットを決めてトップに立ち、そこから3連続バーディー。2位に3打差をつける快勝だった。

【続きを読む】

  • 日本プロ日清カップ最終日、18Hでウイニングパットをしずめガッツポーズする宮里優作=沖縄県名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • 男子ゴルフ・今季の日本タイトルがかかる大会
  • 男子ゴルフ・賞金ランク上位
  • 翁長雄志・沖縄県知事(左)と記念写真におさまる宮里優作=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • 優勝カップを手に笑顔を見せる宮里優作=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • -12で優勝をきめ、優勝カップに手を置く宮里優作(左)とそれを撮影する藍(背中)、写りこもうとする聖志(中央)の宮里3兄妹=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • 宮里優作が-12で優勝をきめた。地元・沖縄での優勝にカチャーシーを踊った=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • 宮里優作が-12で優勝をきめた。ホールアウトし同組の谷口徹(背中)に笑顔を見せる。左は重永亜斗夢=沖縄県名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • 4H、セカンドショットをはなつ谷口徹。-8で3位タイにおわった=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
  • セカンドショットをはなつ小平智。-8で3位タイにおわった=かねひで喜瀬カントリークラブ(撮影・林俊志)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 優作、選手会長初の2戦連続V!地元・沖縄で宮里家一丸/国内男子