2017.5.14 15:10

鈴木愛が逃げ切り今季初V! 3週連続優勝狙ったキム・ハヌルは4位/国内女子

鈴木愛が逃げ切り今季初V! 3週連続優勝狙ったキム・ハヌルは4位/国内女子

特集:
キム・ハヌル
優勝カップを持つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・岩川晋也)

優勝カップを持つ鈴木愛=福岡・福岡CC和白C(撮影・岩川晋也)【拡大】

 ほけんの窓口レディース最終日(14日、福岡・福岡CC和白C=6308ヤード、パー72)前日首位の鈴木愛が4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算7アンダー、209で今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。優勝賞金2160万円を獲得。

 2打差の2位にイ・ミニョン(韓国)、さらに1打差の3位に酒井美紀が入った。3週連続優勝を狙ったキム・ハヌル(韓国)は通算3アンダーの4位。4位で出た川岸史果は79をたたき、5オーバーで40位に終わった。(出場52選手、晴れ、気温21・8度、北西の風5・9メートル、観衆8221人)

鈴木愛の話「プロになってこんなにきつい3日間はなかった。いい形で終われてうれしい。今までで一番いい母の日になった。(次週は昨年優勝した大会で)最高の形で迎えられる」

イ・ミニョン(前日9位から2位に上昇)「スタート前の目標はトップ10だった。(18番をバーディーで締めて)気持ち良かった」

ささきしょうこ(3位から出て74とスコアを落とし6位)「疲れがあってショットを思うように打てなかった。精度を上げて、また頑張りたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終日、表彰式、優勝カップを持つ鈴木愛=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 最終日、18H、ウイニングパットを決めガッツポーズをする、優勝した鈴木愛=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • ほけんの窓口グループ・窪田会長兼社長(左)から優勝カップを受け取る鈴木愛=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 3H、ティーショットを打つ鈴木愛=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 最終日、1H、手を振りながらスタートするキム・ハヌル=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 最終日、9H、バーディーパットが僅かに外れ、悔しがるキム・ハヌル=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 9H、バーディーパットが僅かに外れ、悔しがるキム・ハヌル=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 10H、ティーショットを打つ、ささきしょうこ=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 15H、アプローチショットが僅かに外れ、悔しそうな表情のささきしょうこ=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
  • 18H、ティーショットを打つささきしょうこ=福岡カンツリー倶楽部(撮影・岩川晋也)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 鈴木愛が逃げ切り今季初V! 3週連続優勝狙ったキム・ハヌルは4位/国内女子