2017.4.21 05:02

柳澤、パット修正で借り返す「まずは昨年の成績上回る」/フジサンケイL

柳澤、パット修正で借り返す「まずは昨年の成績上回る」/フジサンケイL

柳澤美冴

柳澤美冴【拡大】

 今年で第36回を迎える女子ゴルフの春のビッグイベント「フジサンケイレディスクラシック」は21日、静岡・川奈ホテルゴルフコース富士コース(6367ヤード、パー72)で開幕する。

 1年前の借りを返すときが来た。柳澤がリベンジを宣言だ。

 「昨年は最終日に崩れてしまい、後味が悪かった。まずは昨年の成績を上回りたい」

 初出場となった2016年は、10位で最終日を迎えたが、スコアを落として25位に終わった。「調子は悪くないので、トップ5を目指していきたい」。今年は最後まで上位で戦いたい。

 パットを修正して、高麗グリーンに立ち向かう。先週、インパクトで体が動くクセに気づき、練習を繰り返してきた。「グリーン勝負になってくる。しっかり打つことが大事」。安定感のあるストロークが攻略につながる。

 10歳でゴルフを始めたときからスリクソンのボールを使用。現在は「スリクソンZ-STAR XV」を使っており、「打感もイメージもいい」と信頼を寄せている。

 「今季は最低でも賞金シードをとりたい。ランクやスコアの数字にこだわっている」

 プロ6年目での初シードがノルマ。2度目の川奈から勢いに乗っていく。

柳澤 美冴(やなぎさわ・みさえ)

 1990(平成2)年7月4日生まれ、26歳。前橋市出身。10歳からゴルフを始める。2012年にプロテスト合格。16年賞金ランク75位。今季はQTランク6位の出場資格でツアー参戦。1メートル63、60キロ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 柳澤、パット修正で借り返す「まずは昨年の成績上回る」/フジサンケイL