2017.4.11 05:03(1/3ページ)

ガルシア初V!74度目の正直でつかんだメジャータイトル/マスターズ

ガルシア初V!74度目の正直でつかんだメジャータイトル/マスターズ

特集:
マスターズ
プレーオフを制し、力強く拳を握ったガルシア。パトロンの「セルヒオ!」コールがこだました(ロイター)

プレーオフを制し、力強く拳を握ったガルシア。パトロンの「セルヒオ!」コールがこだました(ロイター)【拡大】

 マスターズ最終日(9日、米ジョージア州オーガスタナショナルGC=7435ヤード、パー72)感極まった。リオ五輪金メダルのジャスティン・ローズ(36)=英国=とのプレーオフ1ホール目。3メートル半のバーディーパットを沈めたガルシアが、西日の中で拳を握りしめた。

 「この瞬間をどれほど長く待っていただろう。メジャーの日曜日に、こんなに落ち着いてプレーできたことはないね」

 13番(パー5)では第1打を左の林に曲げてアンプレアブル。残り87ヤードから2メートルにつけ4オン1パットでパー。14番(パー4)のバーディー、15番(パー5)のイーグルで立て直した。かつて“神の子”と称された才能は成熟期を迎え、74度目参戦のメジャー大会でついに頂点に立った。

 1999年の全米プロで4つ年上のタイガー・ウッズ(米国)と優勝を争った。躍動感にあふれた19歳の新星はしかし、気が短く、コース内外で感情を抑えられないこともしばしば。やじに悪態をつき、プレーでも要所で我慢しきれない。2007年の全英オープンはプレーオフで敗れ、08年の全米プロも2位。「もうメジャーには勝てないのではと思った」。

【続きを読む】

  • 念願のグリーンジャケットに袖を通したガルシア。額の広くなった“神の子”が満面に笑みをたたえた(共同)
  • ガルシア(右)とフィアンセのアンジェラ・エイキンスさん(ロイター)
  • 優勝トロフィーを掲げるセルヒオ・ガルシア=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 初優勝を果たし、表彰式で歓声に応えるセルヒオ・ガルシア=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • プレーオフを制して初優勝し、喜ぶセルヒオ・ガルシア=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • プレーオフを制して初優勝し、喜ぶセルヒオ・ガルシア=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンド、7番でバーディーを決め、歓声に応える松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンド、通算1アンダーの松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンド、9番でアプローチショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンド、ホールアウトし同組選手(右)と健闘をたたえ合う松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンドを終え、笑顔でインタビューに答える松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 最終ラウンド、13番でイーグルパットを外し、悔しそうな松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. ガルシア初V!74度目の正直でつかんだメジャータイトル/マスターズ