2017.3.20 04:01

菊地絵理香の母・砂織さん、“お忍び”で観戦「落ち着いていた」/国内女子

菊地絵理香の母・砂織さん、“お忍び”で観戦「落ち着いていた」/国内女子

ティーショットを放つ菊地絵理香=鹿児島高牧CC(撮影・甘利慈)

ティーショットを放つ菊地絵理香=鹿児島高牧CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 Tポイントレディス最終日(19日、鹿児島高牧CC=6397ヤード、パー72)2打差の首位から出た菊地絵理香(28)=オンワードHD=が5バーディー、1ボギーの68で回り、トーナメントレコードに並ぶ通算14アンダーで今季初優勝。

 母・砂織さん(53)が“お忍び”で観戦した。「落ち着いていたので、安心して見られました」。前夜に北海道から飛行機を乗り継ぎ、約5時間かけて鹿児島入り。娘には来場を知らせずに、試合中も遠めから隠れるようにプレーを見守った。

リーダーボードへツアー日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 菊地絵理香の母・砂織さん、“お忍び”で観戦「落ち着いていた」/国内女子