2017.2.19 17:42

昨年覇者の敏京が3位、奈紗は30位/米女子

昨年覇者の敏京が3位、奈紗は30位/米女子

特集:
畑岡奈紗
最終ラウンド、15番でアプローチショットを放つ野村敏京。通算6アンダーで3位=ロイヤルアデレードGC(共同)

最終ラウンド、15番でアプローチショットを放つ野村敏京。通算6アンダーで3位=ロイヤルアデレードGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは19日、アデレードのロイヤルアデレードGC(パー73)で最終ラウンドが行われ、7位から出た前年覇者の野村敏京は2バーディー、2ボギーの73で回り通算6アンダー、286で3位となった。

 7位から69と伸ばした24歳の張ハナ(韓国)が通算10アンダーでツアー通算4勝目。賞金19万5000ドル(約2200万円)を獲得した。

 71と伸ばした畑岡奈紗は通算イーブンパーで30位。79と崩れた横峯さくらは4オーバーの58位に終わった。(共同)

野村敏京の話「初戦で3位ってことは、いい流れで今年もいくと思う。楽しみ。今週足りなかった部分はまた練習して頑張る。バーディーでスタートして、いい流れでいくのかなと思ったが、風が出てきて難しかった。パットの調子は良かったが、長いパットが多くて、その部分がもったいなかった」

畑岡奈紗の話「今日は4日間で一番よかった。大会前は予選通過できるかどうかで緊張していた。4日間回れて幸せだった。自信になる。しっかり自分のプレーができれば予選を通れると思った。ミスしても前向きにやったほうが、結果が良くなることが分かった」

横峯さくらの話「簡単にボギーを打ってしまった。もったいなかった。風が吹いたり吹かなかったりで、クラブ選択が難しかった。しっかり耐えられるプレーヤーにならないと上にはいけない」

  • 最終ラウンド、7番でパーセーブし、笑顔の畑岡奈紗。通算イーブンパーで30位=ロイヤルアデレードGC(共同)
  • 最終ラウンド、2番でバーディーパットを決める畑岡奈紗。通算イーブンパーで30位=ロイヤルアデレードGC(共同)
  • 最終ラウンド、11番で第3打をピンに寄せる畑岡奈紗。通算イーブンパーで30位=ロイヤルアデレードGC(共同)
  • 最終ラウンド、18番でバーディーを逃した横峯さくら。通算4オーバーで58位=ロイヤルアデレードGC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 昨年覇者の敏京が3位、奈紗は30位/米女子