2017.2.15 19:41

前年V野村、昨年とコース異なるも「新しい気持ち。重圧ない」/米女子

前年V野村、昨年とコース異なるも「新しい気持ち。重圧ない」/米女子

プロアマ戦で調整する野村敏京=ロイヤルアデレードGC(共同)

プロアマ戦で調整する野村敏京=ロイヤルアデレードGC(共同)【拡大】

 16日開幕の米女子ゴルフ、ISPSハンダ女子オーストラリア・オープンに出場する前年覇者の野村敏京は15日、アデレードのロイヤルアデレードGCでプロアマ戦に出て最終調整した。野村にとっては今季初戦。昨年とコースが異なることもあり「新しい気持ち。普通の気持ちで、あまりプレッシャーもない」と話した。

 オフは拠点とするハワイに戻り、練習などで充実した時間を過ごした様子。昨年2勝と飛躍して迎える新シーズンの抱負を「毎週、楽しいプレーをしたい。去年メジャーで優勝できなかったから、それを目標にしている」と語った。

 1月末の開幕戦では予選落ちした畑岡奈紗は練習場で体を動かして第2戦へ備えた。18歳の新鋭は「ずっと戦えるような体づくりをしつつ、ゴルフもできるようにしたい。例えば、メジャーに出られるようになったら、そこに合わせるような調整力も大事になってくる」と今後を見据えた。

 大会は横峯さくら、上原彩子、松森彩夏も出場する。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 前年V野村、昨年とコース異なるも「新しい気持ち。重圧ない」/米女子