2017.1.13 14:00

21位発進の松山「あまり好きじゃないコースでアンダーパー」/米男子

21位発進の松山「あまり好きじゃないコースでアンダーパー」/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、1番でティーオフする松山英樹=ワイアラエCC(共同)

第1ラウンド、1番でティーオフする松山英樹=ワイアラエCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのソニー・オープンは12日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、小平智が7バーディー、2ボギーで回り、5アンダーの65で首位と6打差の12位につけた。前週2位の松山英樹は6バーディー、2ボギーの66で21位だった。

 谷原秀人は67で38位、宮里優作は68で54位、片岡大育は70で94位。岩田寛は71で119位と出遅れた。

 前週優勝のジャスティン・トーマス(米国)は2イーグル、8バーディー、1ボギーとし、米ツアー歴代2位に並ぶ59をマークしてトップに立った。(共同)

松山英樹の話「ショットでミスしてもパーセーブができたのは良かった。パットは後半で不安なところが出たのでしっかり修正したい。あまり好きじゃないコースで、アンダーパーで回れた。2日目もしっかり伸ばしていきたい」

小平智の話「前半は全部がかみ合ってくれて、ピンチらしいピンチがなかったし、いい距離のパットを決めることができた。後半は流れが悪かったけど、上がりで取り返せたので2日目につながる。今年は上位を目指して頑張りたい」

宮里優作の話「バーディーチャンスが少なかった。波に乗れそうで乗れないラウンド。いいパットもあったけど、ここというところで決められなかった。ティーショットがうまくいかず、ピンが狙えない状況が多かった。その中でオーバーパーでなくて良かった」

岩田寛の話「最後のイーグルが2日目につながるといいけど、このコースは本当に難しい。ここまでグリーンを読むのが無理なコースはどこにもない」

  • 第1ラウンド、3番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でアプローチショットを放つ谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、1番でバンカーショットを放つ谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、2番でティーショットを放つ片岡大育=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、4番でパットを放つ片岡大育=ワイアラエCC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 21位発進の松山「あまり好きじゃないコースでアンダーパー」/米男子