2017.1.13 12:18

松山は4アンダーで初日21位 小平が12位/米男子

松山は4アンダーで初日21位 小平が12位/米男子

 米男子ゴルフの「ソニーオープン・イン・ハワイ」は12日(日本時間13日)にハワイ・ホノルルのワイアラエCC(7044ヤード、パー70)で開幕。前週の「SBSチャンピオンズ」で2位だった松山英樹(24)=LEXUS=は6バーディー、2ボギーの66で回り、4アンダーで21位だった。前週の優勝者、ジャスティン・トーマス(米国)が59で回り、11アンダーで単独首位。日本勢では小平智(27)が5アンダーで12位と好位置につけた。

 2試合連続で公式記者会見に呼ばれるなど、依然として注目度は高い松山。この日は2番(パー4)で第2打をピンそばにつけパーディー。3番では7メートルのバーディーパットを沈めた。9番(パー5)でもバーディーを奪い、前半はボギーなしの32。 後半は10番(パー4)でバーディーを奪ったが、12番(パー4)でこの日初のボギー。それでも、15番(パー4)で第2打をピンそばに寄せ、バーディーを奪った。17番(パー3)でボギーをたたき、最終18番(パー5)でバーティーを奪い、インは34だった。

 今大会は2011年にアマチュアで参戦して以来、過去4度出場も3度の予選落ちの松山。予選通過した15年も最終ラウンドには進めず相性が悪いが、苦手意識を払しょくできるか。

谷原秀人の話「出だしの2番で3パットをして苦しいゴルフだった。後半はスイングを抑えて打ったらショットが良くなった。今年の初日としてはいいラウンド。2日目も後半のようなショットが打てればもう少しグリーン上も落ち着いてできると思う」

片岡大育の話「2番、3番で2回続けてティーショットを左の池。序盤で大きなミスをしてしまった。ショックだったけど、何とか最後はイーブンに戻せたので良かった。パットのフィーリングはいいので、ティーショットさえフェアウエーに行けば大丈夫」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山は4アンダーで初日21位 小平が12位/米男子