2017.1.13 11:30

片岡、序盤に連続ボギーも「オーバーパーにしなくて良かった」/米男子

片岡、序盤に連続ボギーも「オーバーパーにしなくて良かった」/米男子

第1ラウンド、2番でティーショットを放つ片岡大育=ワイアラエCC(共同)

第1ラウンド、2番でティーショットを放つ片岡大育=ワイアラエCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのソニー・オープンは12日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、谷原秀人は6バーディー、3ボギーの67で回った。片岡大育は70とした。

 片岡は2、3番ともにティーショットを左に曲げて連続ボギーとした。その後は徐々にショットが上向き、最終18番で1メートル強のバーディーを決めると「オーバーパーにしなくて良かった」と安堵した。

 米ツアー初出場だった昨年は33位だったが、3日目を終えた時点で6位と健闘していた。「コースのイメージはいい。フェアウエーにさえ行けば戦える」と巻き返しを期した。(共同)

  • 第1ラウンド、4番でパットを放つ片岡大育=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、1番でティーオフする松山英樹=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、3番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でアプローチショットを放つ谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
  • 第1ラウンド、1番でバンカーショットを放つ谷原秀人=ワイアラエCC(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 片岡、序盤に連続ボギーも「オーバーパーにしなくて良かった」/米男子