2017.1.11 19:56

川淵三郎&倉本昌弘のグリーン対談 リーダーたちが描く「改革論」

川淵三郎&倉本昌弘のグリーン対談 リーダーたちが描く「改革論」

特集:
極(KIWAMI)対談
笑みを浮かべる川淵三郎氏(左)と倉本昌弘氏。ゴルフ場で豪華な対談が実現した

笑みを浮かべる川淵三郎氏(左)と倉本昌弘氏。ゴルフ場で豪華な対談が実現した【拡大】

 サンケイスポーツ(東京版)で展開している大型連載『極(KIWAMI)対談』。12日(木)付紙面はJリーグ初代チェアマンを経て、日本バスケットボール界を改革し、「Bリーグ」発足に尽力した日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏(80)と、日本プロゴルフ協会(PGA)会長で現役選手でもある倉本昌弘氏(61)による“グリーン対談”の前編です。リーダーとして「改革」に必要なものとは何か、ゴルフ談議を交えながら語り合った。

                     ◇      

 倉本 「川淵さんがバスケットボールのリーグを統合するとき、『俺はこうやるんだから黙ってろ』と、あのバイタリティー、やり方はすごかった。『短期間でやらなきゃできない』『ダラダラやったらできない』ともおっしゃられていた。なるほどなと思いました」

 川淵 「いやいや、それにしてもゴルフ人口がなぜ減っているのかよくわからない。こんなにおもしろいのに」

 倉本 「若い人のゴルフ離れが激しいんです」

 ※『極対談』はサンケイスポーツ(東京版)で毎週、火曜日から金曜日までの週4回掲載。対談の全文はサンスポコムでも後日、お伝えします。

過去の対談はこちらへどうぞ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 川淵三郎&倉本昌弘のグリーン対談 リーダーたちが描く「改革論」