2016.11.30 19:00(1/2ページ)

遼、勇太と谷原に対抗心メラメラ 「自分が勝ちたい」/国内男子

遼、勇太と谷原に対抗心メラメラ 「自分が勝ちたい」/国内男子

特集:
石川遼
シーズン最終戦「日本シリーズJT杯」へ最終調整する石川遼=東京よみうりCC(撮影・高橋朋彦)

シーズン最終戦「日本シリーズJT杯」へ最終調整する石川遼=東京よみうりCC(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 男子ゴルフの今季ツアー優勝者ら30選手が出場するシーズン最終戦「日本シリーズJT杯」は12月1日から4日間、東京よみうりCC(7023ヤード、パー70)で開催される。30日はプロアマ戦が行われ、昨年覇者で、前日に「W杯」が行われた豪州から帰国した石川遼(25)=CASIO=や初の賞金王を目指す賞金ランク1位の池田勇太(30)=日清食品=と同ランク2位の谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=らが参加して最終調整した。

 石川は「体調は問題ない。年内最後の試合ですけど、今年は出場試合が少なかったので、今年の集大成というよりは来年の1月から米ツアーが始まるのでつながっていくようなプレーの内容を意識してやっていきたい」と意気込みを語った。

 世界ランク6位の松山英樹(24)=LEXUS=とタッグを組んで戦った「W杯」は6位に終わった。「結果に対しては悔しい。もっといけた、もっとやれた。ふがいなさを感じた。それ以上に何倍の刺激をもらった」と話し、この悔しさを今大会にぶつける。

 賞金ランク1位の池田は同2位の谷原に約3076万円の差をつけてリードする。今大会の優勝賞金は4000万円で、谷原が優勝しても、池田が3人までの2位タイか単独3位に入れば初の賞金王が決定する。大一番を前に池田は、「最後も優勝争いして、もちろん優勝してシーズンを終われるようにすることしか考えていない」と決意をにじませる。優勝が絶対条件の谷原も「はっきりしているのでいい。グリーン上での勝負。常に集中してやれれば」と話した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 遼、勇太と谷原に対抗心メラメラ 「自分が勝ちたい」/国内男子