2016.2.13 05:01

岩田、5アンダー66で回り3差12位発進/米男子

岩田、5アンダー66で回り3差12位発進/米男子

ティーショットを放つ岩田寛

ティーショットを放つ岩田寛【拡大】

 米男子ゴルフ・AT&Tペブルビーチ・プロアマ第1日(11日、米カリフォルニア州ペブルビーチ、ペブルビーチ・ゴルフリンクスなど3コース)予選ラウンドは3日間で、プロとアマが同組で回る変則的な大会。岩田寛(35)=フリー=はモントレー・ペニンシュラCC(パー71)を5アンダー66で回り、首位と3打差の12位と好発進した。63をマークしたチェズ・リービー(34)=米国=が単独首位。松山英樹(23)=LEXUS=は欠場。石川遼(24)=CASIO=は腰痛で出場を取りやめた。

 岩田は平均ストロークが「69・327」と最もやさしかったコースで7バーディー、2ボギー。ハンディキャップ11のアマチュアと組んで回り、順調に滑り出した。セレブが集まる独特な大会に初出場。「しゃべれないけど、英語で話す方が自分の気持ちを素直に伝えられる気がする」と語っていた。日本にはない大会形式を前向きにとらえ、好スタートだ。

(紙面から)

  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ岩田寛=モントレー・ペニンシュラCC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でバーディーパットを決める岩田寛=モントレー・ペニンシュラCC(共同)