2016.2.9 05:05(1/3ページ)

ファウラー負かした!松山、大アウェーの重圧はねのけ2季ぶりV/米男子

ファウラー負かした!松山、大アウェーの重圧はねのけ2季ぶりV/米男子

特集:
松山英樹
約6時間に及ぶ激闘を制した松山。1年8カ月ぶりの栄冠が決まったとき、太陽は大きく西に傾いていた(USA TODAY)

約6時間に及ぶ激闘を制した松山。1年8カ月ぶりの栄冠が決まったとき、太陽は大きく西に傾いていた(USA TODAY)【拡大】

 フェニックス・オープン最終日(7日、米アリゾナ州スコッツデール・TPCスコッツデール=7266ヤード、パー71)首位と3打差の2位から67で回った松山英樹(23)=LEXUS=が、通算14アンダーで並んだリッキー・ファウラー(27)=米国=とのプレーオフを4ホール目で制し、2014年6月の「メモリアル・トーナメント」以来2季ぶりの米男子ツアー通算2勝目を挙げた。複数回優勝は丸山茂樹(46)以来。61万人超が集まったビッグ大会で、世界ランク4位との“直接対決”に勝利。4月の「マスターズ」などメジャー大会を前に、全米に向けて強さを示した。

【続きを読む】

  • ファウラー(右)とガッチリ握手する松山(AP)
  • ゴルフのフェニックス・オープンで2014年6月以来となる米ツアー2勝目を挙げた松山英樹=米アリゾナ州のTPCスコッツデール(AP)
  • リッキー・ファウラーとのプレーオフで、ティーショットを放つ松山英樹。4ホール目で優勝を決めた=TPCスコッツデール(AP)
  • リッキー・ファウラーとのプレーオフを4ホール目で制して優勝を決め、笑顔を見せる松山英樹(左)=TPCスコッツデール(ゲッティ=共同)
  • 最終ラウンド、18番でバーディーパットを決めガッツポーズの松山英樹=TPCスコッツデール(共同)
  • 最終ラウンド、17番で第1打を池に入れ、ボールをドロップするリッキー・ファウラー=TPCスコッツデール(共同)
  • 死闘プレーオフ4ホール目で決着
  • 最終R
  • 最終R
  • 日本選手の米男子ツアー優勝
  • 米男子ゴルフ・2015-16年シーズンの主な日程
  • フェニックス・オープン上位成績