2015.6.24 05:02(1/2ページ)

海外からトッププロ続々参戦 「ISPSハンダ-」/国内男子

海外からトッププロ続々参戦 「ISPSハンダ-」/国内男子

日本での過去最高は3位。4年ぶりにシュワーツェルが躍動する

日本での過去最高は3位。4年ぶりにシュワーツェルが躍動する【拡大】

 日本男子ゴルフツアーの新規大会、「ISPSハンダグローバルカップ」が25日から4日間、山梨・ヴィンテージGC(6774ヤード、パー71)で行われる。2011年「マスターズ」覇者のシャール・シュワーツェル(30)=南アフリカ=や13年「全米プロ」優勝のジェイソン・ダフナー(38)=米国=ら、多くの海外トップ選手が参戦。

 世界の各ツアーはシーズン真っ盛りにもかかわらず、名だたるトップ選手が山梨に集結する。

 「日本の新しいトーナメントに出場できることになって、とてもワクワクしているよ」

 シュワーツェルは、この大会の開幕を待ち望んできた。地元・南アフリカの「サンシャインツアー」では2005年から3年連続で賞金王。11年には「マスターズ」を制した。4年ぶり4度目の日本ツアー参戦で、優勝を目指す。

【続きを読む】

  • ダフナーは6年ぶり2度目の日本ツアー参戦。世界の“技”を見せてくれるか
  • 独特のファッションにも注目が集まるポールター。日本ツアー参戦は、7年ぶりとなる