賞金ランクトップの鈴木、『69』好発進「集中力を切らさずできた」/国内女子

 
ティーショットを放つ鈴木愛

 伊藤園レディス第1日(10日、千葉・グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)賞金ランク首位の鈴木は「ひらめいたことがあってやってみた」と後半からアイアンショットが上向き、3バーディーを奪って69。「トップが上がらず体と一緒に腰が回りすぎていたので、腰を回しすぎないように意識した」。賞金女王を争うキム・ハヌル、イ・ミニョン(ともに韓国)と同組で回ったが「隙を見せられないし、いいプレーをしたいと思って集中力を切らさずにできた」と振り返った。

Read more