2018.8.11 05:01

吉永小百合、平和を「みんなで作っていくのが大切」

吉永小百合、平和を「みんなで作っていくのが大切」

トークショーを行った吉永小百合

トークショーを行った吉永小百合【拡大】

 女優、吉永小百合(73)が10日、東京・東池袋の新文芸坐で開催中の「第七回新藤兼人平和映画祭」でトークショーを行った。

 自身の代表作「キューポラのある街」(1962年、浦山桐郎監督)と今年3月に公開された120本目の出演映画「北の桜守」(滝田洋二郎監督)上映後に登壇。戦争と平和を語り継ぐためのイベントにちなみ、かねてから原爆詩の朗読や核廃絶を訴えてきた吉永は「沖縄の犠牲があって今は何不自由なく生活できている。この平和が未来まで続くように、みんなで作っていくのが大切」と観客に呼び掛けた。

 今後の女優活動については「本当のことを言うとちょっと疲れているけど、映画が好きなので、もうしばらく映画人、映画俳優としてやっていきたい」と意欲を見せた。

  • トークショーを行った吉永小百合
  • トークショーを行った吉永小百合
  • トークショーを行った吉永小百合
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 吉永小百合、平和を「みんなで作っていくのが大切」