2018.8.10 18:34

市立中学バレー部顧問が体罰 顔や頭を平手や靴でたたく…栃木県教委は懲戒処分検討

市立中学バレー部顧問が体罰 顔や頭を平手や靴でたたく…栃木県教委は懲戒処分検討

 宇都宮市教育委員会は10日、市立中学校の男性教諭(52)が、顧問を務める男子バレーボール部の生徒6人に対し、顔や頭を平手や靴でたたくなどの体罰を加え、1人が口を切るけがをしたと発表した。栃木県教委が懲戒処分を検討する。

 市教委によると、この教諭は2013年にも、勤務していた別の中学でバレー部の生徒に同様の体罰をしたとして、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受けている。

 今回は7月20日、市教委に「バレー部で体罰が行われている」と匿名の通報があった。教諭や部員への聞き取りで、昨年8月以降、練習試合で教諭が「プレーが弱気だ」として主将の生徒の頬をたたくなど、現在の2、3年生計6人に対する計13回の暴力行為を確認した。教諭は「強くしたかった」などと話しているという。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 市立中学バレー部顧問が体罰 顔や頭を平手や靴でたたく…栃木県教委は懲戒処分検討