2018.7.30 05:01

自民総裁選の議員動向調査 310人が支持、首相の3選有力

自民総裁選の議員動向調査 310人が支持、首相の3選有力

 9月の自民党総裁選に向け、共同通信社は29日までに所属国会議員405人の支持動向を直接取材などを通じて探った。約76%に当たる310人が連続3選を目指す安倍晋三首相を支持。立候補を準備する石破茂元幹事長は石破派を中心に24人、野田聖子総務相は本人を含めて2人となった。

 国会議員票(405票)での首相の大きなリードは党員・党友による地方票(405票)の行方に影響を及ぼすのは必至。首相の3選が有力となった。

 首相は細田、麻生、岸田、二階の4派閥(計245人)の支持に加え、無派閥(73人)の半数を超える38人と、態度未定の竹下派(55人)の22人、石原派(12人)の5人を取り込んだ。支持の理由は、対米関係を軸とした外交手腕や、経済指標を好転させたアベノミクスの実績が大多数を占めた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 自民総裁選の議員動向調査 310人が支持、首相の3選有力