2018.6.15 14:04

ANRI、ストリップ突然の降板 永瀬白虎氏「翻弄された時間だった」

ANRI、ストリップ突然の降板 永瀬白虎氏「翻弄された時間だった」

ANRI

ANRI【拡大】

 浅草ロック座(東京台東区)は14日、6月公演(16日から)に出演予定だったセクシー女優、ANRI(本名・坂口杏里、27)の降板を発表した。

 「諸事情により出演を見送る事になりました。公演開始直前の降板となり、楽しみにしていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご了承ください」

 公演2日前、突然の降板を浅草ロック座はツイッターで説明した。

 ゲネプロを取材したというライターの永瀬白虎氏は15日にブログで降板までのANRIとのやり取りをつづった。9日夜に行ったインタビューでは「最初の取材は9日夜。公演終了後の舞台でレッスンする前に彼女をインタビューした。質問に対して、寡黙になったり、言葉足らずになったりするのだが、そういう性格なのだ、と判断した。『一生懸命やっている』『がんばっている』と。そうであろう、と信じた」と振り返った。

 続けて13日のゲネプロ取材の際には「まだ振り付け、というより”動き”が覚えられていない状況。正直、ゲネプロ当日に?という感覚。少なくても公演まで1カ月以上あったハズだが、その間、まったく自分を磨く努力をしていなかったのだろうか」と本番直前の状況を心配しつつも「恥をかくのも経験だから」と前向きに捉えていた。

 しかし14日夜、劇場の演出担当者からANRIの降板の連絡が入り、「ちょっとショックだった。『がんばる』といっていたのは、なんだったのだ?ただ、あの程度の初歩的な”動き”を覚えられないのは、努力不足とか、そういう問題はでないのでは、と。専門家ではないので、断言はできないが…。残念であり、なんだかなぁ、という翻弄された時間だった」と肩を落とした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ANRI、ストリップ突然の降板 永瀬白虎氏「翻弄された時間だった」