2018.6.15 13:10

運転士、異常音報告せず 山陽新幹線人身事故

運転士、異常音報告せず 山陽新幹線人身事故

 石井啓一国土交通相は15日の記者会見で、14日に発生した山陽新幹線の人身事故で、運転士が異常音を聞きながら、運転指令に報告していなかったことを明らかにした。「判断が適切だったのか。なぜ報告しなかったのか。JR西日本に検証を指示した」と述べた。昨年末の台車亀裂問題に続き、安全対策への姿勢が問われそうだ。JR西は15日午後、大阪市の本社で記者会見する。

 国交省によると、JR西は内規で、走行中に異常音がした場合、運転指令への報告が必要と定めている。

 JR西は15日、影響で取りやめた山陽新幹線の運転を始発から再開した。同日未明、事故車両を停車していた新下関駅から博多総合車両所(福岡県那珂川町)に移し、破損したボンネット部分を修理、県警などが状況を調べている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 運転士、異常音報告せず 山陽新幹線人身事故