2018.6.14 05:01

桂かい枝発掘「古墳落語」7・12繁昌亭で開催

桂かい枝発掘「古墳落語」7・12繁昌亭で開催

「発掘カイシ!」の会見を行った左から小佐田定雄、桂かい枝

「発掘カイシ!」の会見を行った左から小佐田定雄、桂かい枝【拡大】

 落語家、桂かい枝(49)と落語作家、小佐田定雄氏(66)が13日、大阪市内で会見し、落語会「発掘カイシ! 第一期最終回」(7月12日、天満天神繁昌亭)の開催を発表した。

 演じ手がいなくなり、埋もれてしまった落語を故桂米朝さんは「古墳落語」と呼び、それを掘り起こして復活させる試み。今回演じる「七福神富貴由来」は江戸時代のビラから小佐田氏が「多分こんな話やと」と想像力を働かせて作り直した一席だ。かい枝は「ほぼネタ下ろし。まったくやったことないネタをやるのは苦しい。ストレスです」とぼやきも…。

 5回目となる今回で一区切りとなるが、小佐田氏は「第二期もおそらくやると思う」と継続に意欲を示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 桂かい枝発掘「古墳落語」7・12繁昌亭で開催