2018.6.12 09:28

ベンツ77万台に排ガス不正 エンジンに違法ソフト搭載

ベンツ77万台に排ガス不正 エンジンに違法ソフト搭載

 ドイツのショイヤー運輸相は11日、自動車大手ダイムラーが欧州で販売した高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」のディーゼルエンジン車約77万4千台に、排ガス浄化機能を不正に操作する違法なソフトウエアを搭載していたと発表した。このうちドイツで販売された約23万8千台のリコール(無料の回収・修理)を命じる方針も明らかにした。ダイムラーの経営に打撃を与えるのは必至だ。

 これに対し、ダイムラー側は、ソフト搭載の違法性について争う姿勢を示した。

 ドイツ自動車業界を巡っては、フォルクスワーゲン(VW)で最大1100万台に及ぶ排ガス不正が明らかになり、BMWも排ガス浄化機能を不正に操作するソフトを搭載した疑いで当局が捜査を始めた。高品質を売りにするメルセデス・ベンツでも不正が認定されたことで、ドイツ車全体のブランドイメージの低下は避けられない状況だ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ベンツ77万台に排ガス不正 エンジンに違法ソフト搭載