2018.6.9 15:17(1/2ページ)

新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立

新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立

新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立

新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立【拡大】

 15代目となる新型クラウンの登場が迫っていますが、その前に新型のプロトタイプをクローズコースで走らせる機会がありましたので、ご報告します。2017年の東京モーターショーで初披露されたクラウンコンセプトは、全長4910×全幅1800×全高1455mm。ホイールベースは2920mmとアナウンス済み。

 市販仕様に近いプロトタイプの詳細なスペックは、明らかにされていませんが、1800mmのサイズは市販車でも当然堅持されます。

 クローズコースに用意されたパワートレーンは、「Dynamic Force Engine」の2.0L直噴ターボ+8AT、2.5Lハイブリッド+電気式無段変速機(CVT)、3.5Lハイブリッド+電気式無段変速機(CVT)。駆動方式はFRを基本として、2.5Lハイブリッドに4WDを設定。

 ティザーサイトでもオープンにされているとおり、ニュルブルクリンクでも走り込んだという新型クラウン(コンセプト)の走りは、一言でいうと安定感の高さとFRらしいハンドリングを高次元で両立している点。

 試乗コースは、日本サイクルスポーツセンターの自転車コース(5km)ですが、大きく回り込むようなコーナーがいくつも連続し、上りも下りも勾配がきつく、真っ先に求められるのはボディの安定感でしょう。

 どのパワートレーン、駆動方式に乗っても共通するのは、コーナーを問わず高いスタビリティが感じられる点で、コーナーで車両が傾いても、ロールの出方が素直で、しかも収束(減衰)が速いため安定。現行と乗り比べるとスタビリティの違いが印象的です。

 前席のヒップポイントは変わらないものの、ボンネットの高さを13mm下げたことで、前方視界が改善され、次のコーナーが確認しやすく見通しが良くなっています。

 ハイブリッドは、とくに2.5Lでかなり飛ばすと、急な上り勾配でキックダウンした際に、エンジンの応答が遅れる感覚がありますが、この点は現行ユーザーからかなり指摘された点だそうで、普通に走る分には気にならないレベルにまで改善されています。

【続きを読む】

  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
  • 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 新型トヨタ・クラウンの走りは抜群の安定感とFRらしい素直なハンドリングを両立