2018.6.6 10:00

谷村新司、関西のノリで古希前祝い

谷村新司、関西のノリで古希前祝い

特集:
女子社員コラム 言わせて系

 【女子社員コラム 言わせて系】歌手、谷村新司さん(69)が、6日にソロ初期の楽曲を新録したベストアルバム「EARLY TIMES~38年目の昴~」を発売する。4月、大阪市内で行われたラジオ番組の公開収録にゲスト出演した谷村さんを取材した。「来年で70歳!? 声もたたずまいもダンディーやわ」と思いながら、「でも昔、ラジオで“あんなこと”言うてたわ」と思い出し、そのギャップに驚いた。

 同月6日、伝説のラジオ番組「MBSヤングタウン」(金曜後10・0)が、谷村さんが所属するフォークグループ、アリスをパーソナリティーに迎えて復活した。谷村さんは約31年半ぶりの登場で、アリスとしては結成以来初となるラジオのレギュラー出演。来年のライブ活動復帰への腕ならしとして快諾したそうだ。

 私は中学時代からこの番組のリスナーだった。当時は谷村さんと歌手、ばんばひろふみさん(68)、女性アナウンサーが出演。内容は下ネタ満載だった。「辞書にあるエッチな言葉に線を引く」など、いまのご時世なら『セクハラ』と受け取られそうだが、明るく放たれる下ネタを聴いて、腹筋が痛くなるほど笑っていた。

 思い出に浸る中、収録が始まった。谷村さんは「懐かしいね、昔のラジオは公録ばかりだったから」と優しいまなざしで客席を見渡した。アリス結成当時の苦労話や収録中の裏話に加え、『昴』など29~31歳で作った名曲が「60歳になっても歌えるように考えていた」と明かし、予定時間をオーバーするほど盛り上がった。

 収録後、谷村さんは「楽しかったぁ」と叫び、「想像力が鍛えられるので、テレビよりラジオの方が曲作りにつながります」とラジオの魅力をPR。この日は下ネタがなかったが、「こんな明るい所ではさすがにできないね、空気を合わせないと」と大人の対応で笑った。

 「最近、言葉で責めて殺伐としているけど、関西の“まぁええやん”という感覚は大事」と故郷の大阪に帰るとホッとするという谷村さん。関西のノリを支えに、ソロやアリスでのご活躍が末永く続きますように!(堀真佐美)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 谷村新司、関西のノリで古希前祝い