2018.5.22 05:01

青果課長代理、架空取引繰り返し2億5000万円着服

青果課長代理、架空取引繰り返し2億5000万円着服

 福岡市中央卸売市場の青果卸売会社「福岡大同青果」の元課長代理の30代男性が架空取引を繰り返し、8年間で約2億5000万円を着服していたことが21日、分かった。

 同社によると、男性は2010年1月から今年2月まで、福岡県内の業者との間で架空取引を100回以上繰り返し、同社が支払った代金を業者から受け取っていた。着服金は「ギャンブルに使った」と説明している。

 昨年10月の定期検査で、別の部署の元部長の架空取引を調査する中で発覚。元部長は着服はないが、架空取引での手数料約8000万円の損害が生じた。同社は2人を3月に懲戒解雇した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 青果課長代理、架空取引繰り返し2億5000万円着服