2018.5.21 12:41

狛江市長のセクハラ「確認」 副市長が辞職要求

狛江市長のセクハラ「確認」 副市長が辞職要求

 東京都狛江市の高橋都彦市長(66)が、複数の女性職員にセクハラをしたとされる疑惑で、水野穣副市長がセクハラを確認したとして、市長に辞職を迫ったことが21日、市関係者への取材で分かった。市長はこれまで疑惑を否定している。

 市関係者によると、18日に市長や市幹部が出席して開かれた臨時会議で、水野副市長が被害を受けた職員らに聞き取り調査をした結果として「腰に手を回したり、手を握ったりするセクハラ行為が確認できた」と報告した。

 水野副市長や他の幹部が「自ら進退を考えてほしい」などと市長に辞職を迫ったが、進退やセクハラの有無について明確に述べなかったという。

 女性市議ら約10人は21日、市長に辞職を求める817人分の署名を市に提出。水野副市長は職員2人に対するセクハラが確認されたとして「立場を利用した卑劣な行為で、進退を含め自ら責任の所在を判断してほしい」と話した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 狛江市長のセクハラ「確認」 副市長が辞職要求