2018.5.19 05:02

マッチ、西城秀樹さんの自宅を弔問「最後まで格好良かった」

マッチ、西城秀樹さんの自宅を弔問「最後まで格好良かった」

 16日に急性心不全のため亡くなった歌手、西城秀樹さん(享年63)の26日に行われる葬儀・告別式で、1970年代に故人とともに「新御三家」として活躍した歌手、野口五郎(62)が弔辞を読むことが18日、分かった。関係者によると、一般ファンの献花を受け付け、BGMとして「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などの名曲を流す。この日は歌手、近藤真彦(53)が横浜市内にある故人の自宅を弔問した。

 近藤は通夜、葬儀・告別式が営まれる25、26日は海外で仕事があるため、この日の弔問になった。自身のデビュー当時からTBS系「ザ・ベストテン」など歌番組で共演し、公私でかわいがってもらったという。所属事務所を通し書面を寄せた近藤は、「若い頃に、良いことも悪いことも教わり、色々な所に連れて行ってもらいました。楽しい思い出ばかりです」と感謝。「直接お会いして、しっかりとお別れができました。秀樹さん、最後の最後まで格好良かったです」とつづった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. マッチ、西城秀樹さんの自宅を弔問「最後まで格好良かった」