2018.5.18 11:07

藤井六段、最年少七段なるか 船江六段と対局開始/将棋

藤井六段、最年少七段なるか 船江六段と対局開始/将棋

竜王戦5組ランキング戦準決勝の船江恒平六段との対局に臨む藤井六段=関西将棋会館(永田直也撮影)

竜王戦5組ランキング戦準決勝の船江恒平六段との対局に臨む藤井六段=関西将棋会館(永田直也撮影)【拡大】

 将棋の藤井聡太六段(15)が、史上最年少の七段昇段に挑む竜王戦ランキング戦5組の準決勝が18日、船江恒平六段(31)を相手に大阪市の関西将棋会館で始まった。

 高校生棋士の重要な一局とあって、朝から約50人の報道陣が詰め掛けた。藤井六段は開始20分前の午前9時40分、紺色のスーツ姿で対局室に入室。後手番となり、引き締まった表情で指し手を進めていった。 これまでは1957年、加藤一二三・九段(78)が記録した17歳3カ月。藤井六段が勝てば、規定により最年少の15歳9カ月で七段に昇段する。2月1日に五段、同17日には六段となったばかり。今春、高校生となった最年少プロの快挙なるかに注目が集まっている。

 対局は持ち時間各5時間。18日夜には終局する予定。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 藤井六段、最年少七段なるか 船江六段と対局開始/将棋