2018.5.18 05:05(3/3ページ)

マルチアイドルの先駆け!西城さん水泳大会で「ギャランドゥ」話題に

マルチアイドルの先駆け!西城さん水泳大会で「ギャランドゥ」話題に

西城秀樹さんの歩み

西城秀樹さんの歩み【拡大】

 運動神経抜群で、70~80年代に出演した「アイドル水泳大会」では大活躍。ビキニパンツからのぞくダンディーな体毛は、自身の楽曲タイトルにちなんで「ギャランドゥ」と呼ばれた。

 俳優としても活躍し、TBS系「寺内貫太郎一家」シリーズ(74、75年)に主人公・貫太郎(小林亜星、85)の長男役で出演。秀樹さんが右腕を骨折した激しい親子げんかのシーンはあまりにも有名だ。主演映画「愛と誠」(74年)では、自ら原作者の故梶原一騎さんに直談判して主役の座を射止め、故早乙女愛さんが選ばれた相手役には4万通の応募があった。

 出演CMの「ハウス バーモントカレー」(73~85年)では「ヒデキ、感激!!」のフレーズが大流行。記憶に残る数々の名シーンは、ファンの心の中で輝き続ける。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. マルチアイドルの先駆け!西城さん水泳大会で「ギャランドゥ」話題に