2018.5.18 05:03

高畑勲イズム守る!細田守監督、カンヌで決意「バトンを受け継ぐ」

高畑勲イズム守る!細田守監督、カンヌで決意「バトンを受け継ぐ」

細田守監督(右)と是枝裕和監督(C)Kazuko Wakayama

細田守監督(右)と是枝裕和監督(C)Kazuko Wakayama【拡大】

 【カンヌ(フランス)17日=青森正宣】女優、上白石萌歌(18)と細田守監督(50)が第71回カンヌ国際映画祭(19日まで)の監督週間に出品されたアニメ映画「未来のミライ」(7月20日公開)の公式上映から一夜明け、サンケイスポーツの取材に対応。細田監督は4月5日に死去した日本アニメ界の巨匠、高畑勲さん(享年82)の訃報に触れ、高畑イズムの継承を誓った。

 少年時代、故人が手がけたフジテレビ系アニメ「赤毛のアン」(1979年)などを見て育ち、大きな影響を受けた一人。石川・金沢美術工芸大を卒業後には高畑監督が設立したスタジオジブリの入社試験を受けたこともある。

 4年前、同じ監督週間に「かぐや姫の物語」が選出された故人からは、よく叱咤激励されたとなつかしみ、「今回の作品も見てもらえると思っていた。喪失感がありますね」とポツリ。「アニメで家族とか身近なものを丹念に描き出す。これは高畑さんがやり始めたこと」。“高畑DNA”は自身の作風にも表れており、「未来の-」では、どこにでもいそうな家族を舞台に親子の在り方を問いかけた。

 「高畑監督は尊敬する先輩であり、ライバル」と寂しそうにカンヌの海を眺めた細田監督。「後継者というとおこがましいけれど、バトンを受け継がなくては」と日本アニメ界を背負う覚悟をにじませた。

  • 細田守監督(右)と是枝裕和監督(C)KazukoWakayama
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高畑勲イズム守る!細田守監督、カンヌで決意「バトンを受け継ぐ」